2024年2月1日(木曜日)

実家をそのままにしておけない!遺品整理でお悩みの方必見|実家の遺品整理の進めていき方・注意点を紹介

実家をそのままにしておけない!遺品整理でお悩みの方必見|実家の遺品整理の進めていき方・注意点を紹介

故人との思い出が詰まった実家を訪れるとき、懐かしいような、少し寂しいような感情が込みあがってくることでしょう。

しかし、遺品整理は初めての方が多く、どこから手をつけていいのか迷うことも多いはず。

本記事では、実家の遺品整理における手順や注意点、相続関係の基本について、一般の方でも分かりやすく解説していきます。

経験豊富な専門家のアドバイスを交えながら、心に余裕を持って取り組むための実践的な情報を提供しますので、ぜひ最後までご覧ください。



1⃣ 遺品整理の始め方


1⃣ 遺品整理の始め方


遺品整理は一見すると単純なようでいて、実は多くの感情や手続きが絡み合う、繊細な作業です。

ここでは、実家の遺品整理を始める前の心構えと具体的なステップをわかりやすくご説明します。


遺品整理に取り組む前の心構え



まず、故人の遺した物品には、その人の人生が色濃く反映されていることを理解しましょう。

遺品の一つ一つに故人の思い出や価値観が宿っているため、整理を進ていく中で色んな感情が湧き上がることがあります。


そのため、心を落ち着け、遺品との対話に時間をかけることが大切です。

遺品整理は、故人への最後の尊重とも言える作業。

粗雑に扱うのではなく、故人との思い出を優しく手放していく心持ちが重要ですね。


必要な準備とスケジュールの立て方



  1.   1. 計画を立てる

    遺品整理は計画的に進めることが大切です。

    全体のスケジュールを立て、各ステップにどれくらいの時間が必要か見積もりましょう

    また、どの部屋から始めるか、どのような順番で作業を進めるかも事前に決めておくとスムーズです。



  2.   2. 必要な道具を準備する

    遺品整理には、ゴミ袋や箱、マーカーやラベル、手袋などの具体的な道具が必要になります

    また、大きな家具や家電の移動がある場合は、台車や工具も準備しておくと良いでしょう。



  3.   3. 家族や関係者とのコミュニケーション

    整理を始める前には家族や親戚、場合によっては故人の友人など、関係者とコミュニケーションを取り遺品整理の計画を共有しましょう。

    それぞれの意見や希望を尊重し、協力体制を築くことが大切です。



  4.   4. 心の準備をする

    最後に、心の準備も忘れてはいけません

    遺品整理は単なる片付け以上の意味を持ちます。

    故人との思い出に浸りながら、感謝の気持ちを込めて作業に取り組むことで、心に残る価値ある時間になります。




遺品整理の始める前には物理的な作業だけでなく、心の準備や計画の立て方にも気を配ることが求められます。

この項目で紹介したステップを参考に整理を進めていくことで、故人との思い出を大切にしながら、新たな一歩を踏み出す準備をしていきましょう。


関連記事
自分で遺品整理を始める前に知っておきたいこと9選

遺品整理に適切な時期はある?プロが教えるタイミングとその理由




2⃣ 整理を行う人とその役割を決める


2⃣ 整理を行う人とその役割を決める


実家の遺品整理は、一人で行うには大きな負担が伴う作業
です。

家族や親戚、時にはプロのサービスを利用することで、作業はずっとスムーズかつ心強いものになります。

整理を行う人を決めていき、各々の役割を明確にすることで、効率的かつ心温まる遺品整理を行うことができるでしょう


・まずは話し合って役割を決めていく



遺品整理を行う際は、まず家族内で話し合いの場を設けて、誰がどのような役割を担うのかを決定します。

家族や親戚が近くにいる場合は、分担しながら少しずつ作業を行うと良いでしょう。

一方で遺品の量が多かったり、特別な専門知識が必要な場合。

あるいは感情的な負担が大きすぎる場合は、プロの遺品整理業者に依頼するのも一つの方法です。


・コミュニケーションの取り方と意思の疎通



多人数で作業を進める上で最も重要なのは、コミュニケーションです。

定期的にミーティングを設け、進捗状況や今後の計画、感じていることを共有しましょう。

また、各人が感じている思いや意見を尊重し、誰もが心地よく参加できるような環境作りを心掛けることが重要です。


  1.   1. 役割分担

    遺品の種類に応じて、役割を分担します。

    例えば、誰かは衣類を担当としたり、別の人は書類を担当するなど、作業を明確に分けることで効率的に進めることができます。



  2.   2. 感情のケア

    遺品整理は感情的にも大きな負担がかかる作業です。

    作業を行う人同士でサポートし合い、精神的な負担を軽減できるようにしましょう



  3.   3. 外部の専門家の活用

    必要に応じて、弁護士や税理士、カウンセラーなどの専門家に相談することも重要です。

    特に、遺品の中に価値がわからない物や法的な手続きが必要な書類が含まれている場合は、専門家の意見を求めることが賢明です。




整理を進めていく人がそれぞれの役割と責任を明確にすることで、遺品整理はよりスムーズに、そして心に残るものになります。

全体でのコミュニケーションを大切にして、それぞれが支え合いながらこの大切な作業を進めていきましょう。


関連記事
遺品整理は相続人以外が行ってもいいの?それぞれが担う役割とその重要性について解説





3⃣ 遺品の仕分けと整理


3⃣ 遺品の仕分けと整理


遺品の分類と整理は遺品整理において重要な作業であり、方法によっては感情的な負担を軽減しながら効率的に進めることができます。

この項目では、遺品を効果的に仕分けして整理するための基本的な手順とポイントを解説します。


・仕分けの基準を設定していく



遺品を整理する際には、まず仕分けする分類の基準を明確に設定することが重要です。

一般的な分類の基準としては、「保管するもの」「寄付・リサイクルするもの」「処分するもの」の3つに分ける方法があります。


さらに保管するものの中で、家族に引き継ぐもの自分で使うもの記念品として保存するものなど、細かいカテゴリーに分けていきましょう。

そうしておくことで、後で遺品を分配する際や自身で保管するときにとてもスムーズになりますよ。



  • ・保管するもの

    故人にとって特別な意味を持つ物品、家族の思い出が詰まった品物、法的・財産的価値があるものなど。


  • ・寄付、リサイクルするもの

    まだ使用可能で、他の誰かにとって価値があると思われるもの。


  • ・処分するもの

    使用不可能、あるいは価値を見出しにくいもの。



・感情的な価値を持つ遺品の取り扱い



遺品の中には、感情的な価値が大きく、取り扱いに迷うことがあるかもしれません。

写真や手紙、特定の記念品など、故人との思い出が強く反映された物品には特に注意を払いましょう。

これらの遺品は急いで処分を決めるのではなく、家族や関係者と共有して、十分に時間をかけてどうするかを決めることが重要です。


・整理作業の進め方



  1.   一箇所ずつ整理する  

    作業を効率的に進めるために、家の一部屋や特定のエリアから始めて、一箇所ずつ丁寧に整理していくことをおすすめします。



  2.   カテゴリーごとに仕分ける  

    分類の基準に従って、遺品をカテゴリーごとに仕分けます。

    このとき、不確かな物は一時的に「要検討」のカテゴリーに置くと良いでしょう。



  3.   家族や関係者と共有する  

    故人の遺品には、家族や親戚、友人にとっても大切な思い出が含まれていることがあります。

    こまめに関係者と情報を共有し、意見を聞きながら進めることが大切です。




遺品の分類と整理は、故人への敬意と感謝の気持ちを持ちながら丁寧に進めることが大切です。

作業を通じて故人との思い出を再確認し、新たな一歩を踏み出すきっかけにもなります。

故人との絆を再確認して、心に残る時間を過ごしましょう。



4⃣ 貴重品と重要書類の管理


4⃣ 貴重品と重要書類の管理


実家の遺品整理の中でも特に注意をするべきなのが、貴重品と重要書類の管理です。

これらは故人の財産や個人情報に直結しているため、慎重に取り扱う必要があります。

この項目では、貴重品と重要書類を見つけた後の保管方法や、必要な手続きを行うための基本的な手順を説明します。

・貴重品の発見と保管



  1. 貴重品を特定する

    貴重品には、金銭の他にも、宝石美術品収集品などが含まれます。

    これらは盗難や紛失のリスクがあるため、発見次第すぐ安全な場所に保管しましょう。



  2. 保管方法を考える

    貴重品は、鍵付きの引き出しや金庫必要であれば銀行の貸金庫など、安全な場所に保管することが重要です。

    また、保管場所と貴重品のリストを作成して、家族や信頼できる人もしくは相続人と共有しておくと良いでしょう。



・重要書類の整理と必要な手続き



  1. 1.重要書類を特定する

    故人の重要書類には、遺言書不動産関連の書類保険証券銀行の通帳やカード身分証明書などが含まれます。

    これらの書類は、遺品整理だけでなく相続手続きにも必要です。



  2. 2.整理と保管を行う

    重要書類は分類し、ファイルやフォルダーに整理して保管します。

    これらの書類は、後の法的手続きで必要になることが多いので、紛失しないよう特に注意が必要です。



  3. 3.専門家に相談する

    相続や法的な手続きに関連する書類の場合、弁護士や公証人、税理士などの専門家に相談することがおすすめです。

    書類に基づいて正確な手続きを行うことで、将来的なトラブルを避けることができます。





貴重品と重要書類の管理は、遺品整理の中でも特に注意が必要な作業です。

これらの遺品を慎重に取り扱い、適切に保管しておきましょう。

必要に応じて専門家のアドバイスを得ることで、故人の意志を尊重しつつ、遺族間のトラブルを防ぐことにもつながります。

安心して遺品整理を進めるためにも、上記の手順を丁寧に進めていきましょう。



5⃣ 相続に関わる法的手続き


5⃣ 相続に関わる法的手続き


実家の遺品整理を行う中で、相続に関わる法的手続きは避けて通れない重要なものです。

適切に手続きを行うことで、故人の意志を尊重し、遺族間のトラブルを未然に防ぐことができます。

この項目では、相続における基本的な流れと注意すべきポイントを簡潔に説明します。

・相続の基本的な流れ



  1. ・相続の開始

    相続は故人の死亡によって開始されます。

    故人の死亡証明書を受け取り、役所などの必要な場所に死亡を届け出ます。



  2. ・遺言の有無の確認

    故人が遺言を残している場合、その内容に従って手続きを進める必要があります。

    遺言がない場合は、法定相続人による相続が行われます。



  3. ・相続人の確定

    法定相続人は、民法によって定められています。

    相続人が誰であるかを明確にし、全員で相続について話し合うことが重要です。



相続に関しての詳しい詳細は、下記の記事にてご参照ください。

関連記事
遺品整理の出費は誰が負担?専門家が解説する費用の全知識

【相続放棄と遺品整理】知っておくべきポイントと注意点を解説

故人の死後に必要な手続きとは?相続や遺品整理との関係性についても解説


・相続税に関する基礎知識



  1. 相続税の申告と納税

    故人の財産が一定の価値を超える場合、相続税の申告が必要になることがあります。

    故人が死亡したことを知った日の翌日から、10カ月以内が申告期限となっています。

    参考記事:国税庁(No.4205 相続税の申告と納税

    申告期限や納税額は、相続財産の評価によって異なります。



  2. 節税対策の検討

    相続税の負担を軽減するための節税対策がいくつか存在します。

    早めに専門家に相談し、適切な対策を検討することが望ましいでしょう。



・専門家への相談ポイント



  1. 専門家の選定

    相続に関わる法的手続きは複雑で専門的な知識を要するため、弁護士や税理士、公証人などの専門家に相談することをおすすめします


  2. 情報の整理と質問の準備

    専門家に相談する際は、故人の財産や家族構成、故人との関係など、必要な情報を整理しておくとスムーズです。

    また、抱えている疑問や不安点を明確にしておくことで、より具体的なアドバイスを得られます。



相続に関わる法的手続きは、故人の意志を尊重し、遺族間の円滑な関係を保つために非常に重要です。

適切な手続きを行うことで、将来的なトラブルを避け、故人の財産を遺族が納得して受け継ぐことができるようになります。

専門家のアドバイスを受けながら、丁寧に手続きを進めましょう。



6⃣ 不用品の処分と寄付


6⃣ 不用品の処分と寄付


実家の遺品整理を進めていく過程で保管しないと判断された物品は、適切に処分するか他の人々に役立ててもらうために寄付などをすることが考えられます。

この項目では、不用品を処分する際の注意点と、寄付・リサイクルのメリット及び手続きについて解説します。

・不用品を処分する方法



まずは、ゴミ分別のルールを確認しましょう。

不用品を処分する前に、自治体のゴミ分別ルールを確認してみてください。

粗大ごみの予約方法や回収日、リサイクル可能な品目など、細かいルールが定められています。

また、不用品には廃棄するものリサイクルできるもの買取可能なものなどがあります。

品目ごとに最適な処分方法を選ぶことで、環境への配慮とコスト削減が可能になります。


大量の不用品を処分する場合や、特殊な処分方法が必要な場合は、専門の業者に依頼することも一つの選択肢です。

業者への依頼はコストが発生しますが、安全かつ効率的な処分が期待できます


・寄付を検討するメリットと手続き



使用可能な不用品を寄付することで、必要としている人々へ直接役立てることもできます。

また、廃棄物を減らすことで環境保護にも貢献できるでしょう。


寄付を考える際は、寄付先の団体や機関を事前に調査しておくことがおすすめです。

物品が適切に活用される団体や、信頼できる寄付の窓口を選ぶことが重要です。


寄付をする際には、寄付先の指定する方法に従って手続きを行います。

一部の団体では、寄付した物品に応じて税控除の対象となる場合があるため、必要書類の提出など、手続きに注意が必要です。



不用品の処分と寄付は、遺品整理の中で地球環境への負荷を減らし、社会貢献を果たす機会ともなります。

各物品に最適な処理方法を選択してくださいね。



7⃣ 遺品整理サービスの活用


7⃣ 遺品整理サービスの活用


実家の遺品整理は感情的にも、物理的にも大きな負担を伴う作業です。

幸いにも、専門の遺品整理サービスを利用することで、この負担を大幅に軽減することができます。

この項目では、遺品整理サービスの種類や選び方、利用時の注意点について解説します。

・遺品整理サービスの種類と選び方



遺品整理サービスには、遺品を丁寧に整理し、適切に分類・保管・処分する全面サポートまで、様々な種類があります。

サービス内容を事前に確認し、自分たちのニーズに合ったサービスを選びましょう


遺品整理サービスを提供する業者は多数存在します。

中には不用品回収をメインに行う業者もいますが、故人の遺品を丁寧に扱ってくれる業者を探しているなら、遺品整理専門業者がおすすめです。


業者選びの際には、評判や口コミのほかにも提供するサービスの内容・料金体系などを比較検討し、信頼できる業者を選ぶことが重要です。



業者選びの方法についての詳しい詳細は、下記の記事にて解説しております。

良ければ参考になさってくださいね。

関連記事
遺品整理士認定協会から認可を受けた業者に依頼するメリットとは?

遺品整理と不用品回収の違いを解説!専門家が教える整理のポイント

遺品整理業者選びに要注意!やばい業者の特徴と被害事例を紹介


・費用と契約の注意点



遺品整理の費用は、整理する物の量や作業内容によって大きく変動してきます

複数の業者から見積もりを取り、内容と費用を比較検討しましょう。


契約を結ぶ前に、サービスの詳細内容や作業の範囲、料金に含まれるサービス・追加料金が発生する可能性などを明確に確認してください。

また、キャンセルポリシーについても理解しておくことが重要です。


作業後のアフターサービスについても確認しておきましょう。

万が一のトラブルに対応してくれるか、作業後の状態は満足できるものかなど、事前に業者と相談しておくと安心です。




見積りや費用については下記の記事にて詳しく解説しております。

関連記事
遺品整理の見積り時に気を付けるべきコツ5選!

遺品整理の費用っていくらかかった?みんなの疑問をまとめて解説

料金を抑えて進める!マンションの遺品整理・省コストガイド

一軒家での遺品整理!整理から費用・相場までの完全ガイド




遺品整理のトラブルについては、下記の記事をご参照ください。

関連記事
遺品整理業者選びに要注意!やばい業者の特徴と被害事例を紹介

遺品整理のトラブルを防ぐ!整理のコツと信頼できる業者の選び方

遺品整理サービスを活用することで、遺品整理の負担を大幅に軽減することが可能です。

しかし、業者選びや契約には注意が必要です。

自分たちのニーズに合ったサービスを選び、信頼できる業者としっかりとした契約を結ぶことで、実家の遺品整理をよりスムーズかつ心穏やかに進めることができます。



8⃣ 精神的なサポートと自己ケア


8⃣ 精神的なサポートと自己ケア


遺品整理はただ物を整理するだけでなく、故人との思い出に触れ、喪失感に直面する心理的にも困難となる作業です。

自身の感情を大切にし、必要なサポートを求めることは、健全な心理状態を保つためには非常に重要。

この項目では、精神的なサポートを受ける方法と、遺品整理中の自己ケアについて解説します。


・家族や友人からのサポート



家族や友人と感情を共有することで、孤独感を軽減するとともに、理解と共感を得られます。

感情を抱え込まず、信頼できる人との対話を大切にしましょう。


必要な時には助けを求めることが重要です。

遺品整理に関わる作業だけでなく、感情的な支援を必要とする時も、周囲の人々に積極的にサポートを求めましょう。


・専門的なカウンセリングの利用



喪失感や悲しみが強く、日常生活に影響が出る場合は、カウンセリングや心理療法を受けることを検討しましょう。

専門家からの客観的なアドバイスやサポートは、心の負担を軽減する助けとなります。


もし負担でなければ、同じような経験を持つ人々とのサポートグループに参加することで経験や感情を共有し、互いに励まし合うことができます。

遺品整理後につらくなってしまった場合は、カウンセリングやサポートグループの利用も検討してみてくださいね。


・自己ケアの重要性



遺品整理の期間中も、規則正しい食事や十分な睡眠、適度な運動を心がけて体調を整えましょう。

自分自身のための時間を作り、趣味やリラクゼーション、瞑想などで心を休ませる時間を持つことが重要です。

悲しみが溢れてしまいうつになってしまう方も、中にはいらっしゃいます。

焦らず、自分のペースで遺品整理を進めることが大切です。

感情的に厳しい時は、作業を一時的に休止し、自分の感情と向き合う時間を持ちましょう。


関連記事
片付けられない理由にはうつが関係している?!うつ病と遺品整理の関係について解説



遺品整理は物理的な作業だけでなく、心の整理も含まれています。

自己ケアを心がけて必要に応じてサポートを求めることで、この困難な時期を乗り越え、故人との思い出を大切にしながら前に進んでいきましょう。



9⃣ 遺品整理が終わった実家の今後


9⃣ 遺品整理が終わった実家の今後


遺品整理は、故人との最後の別れを意味するだけでなく、遺族にとって新たな生活を始めるきっかけともなります。

この項目では、遺品整理を終えた後の新たな始まりに焦点を当て、新しい生活への移行をスムーズにするための考え方とステップをご紹介します。


・遺品整理後の実家



遺品整理を終えた空間は、新たな使い方を考えることもできます。

趣味の部屋、書斎、またはリビングスペースなど、自分や家族のニーズに合わせた空間に再設計することも出来るでしょう。


また、整理後の家を維持することが難しい場合は、賃貸や売却を検討することも一つの選択肢です。

不動産の専門家に相談し、最適な選択を行いましょう。




*実家の遺品整理を行わず、そのままにしていると…


*実家の遺品整理を行わず、そのままにしていると…


もし、故人が亡くなった後も実家をそのままにしていると、どうなるのでしょうか?

そのままにしておくということは、その家屋は”空き家である”と認定されます。

空き家にしておくと起こるデメリットは、下記の通りです。



誰も住んでいなくても固定資産税がかかる

家の価値が下がって今後売却がしにくくなる

特定空き家に指定された場合は増税される可能性がある

そのままにしておくと上記のようなデメリットが生じてしまいます。

実家を相続すると決めたら、実家へ移り住むか売却するかのどちらかを先に選択した方が良いでしょう。

特に、特定空き家に指定された場合には増税される可能性が高くなってしまいます。

特定空き家とは、家屋の状態が悪く周辺地域にまで被害が及ぶリスクがある家の事を指します。

もし特定空き家と認定された場合は、固定資産税が6倍にもなる可能性が…。


遺品整理を始める前に家族で話し合う際にでも、実家の今後についての協議をしておくことがおすすめです。



まとめ:実家の遺品整理は業者のサポートを受けながら進めていくのがおすすめ!

まとめ:実家の遺品整理は業者のサポートを受けながら進めていくのがおすすめ!



本記事では、実家の遺品整理に関する手順や注意点をご紹介しました。

以下に、実家の遺品整理の作業を通じて得られた主要なポイントをまとめております。


  • 実家の遺品整理の始め方
    心構えを整え、計画的にステップを踏んで進めましょう。

  • ・整理を行う人と役割を決める
    家族やプロの協力を得ながら、役割を分担し、コミュニケーションを密に取りましょう。

  • ・遺品の分類と整理
    物品をカテゴリーに分け、感情的価値が高い遺品には特に注意を払いましょう。

  • ・貴重品と重要書類の管理
    貴重品と重要書類を安全に保管し、必要な手続きを適切に行いましょう。

  • ・相続に関わる法的手続き
    相続の基本的な流れを理解し、専門家に相談しながら進めましょう。

  • ・不用品の処分と寄付
    環境に配慮し、不用品は適切に処分または寄付しましょう。

  • ・遺品整理サービスの活用
    必要に応じてプロのサービスを利用し、負担を軽減しましょう。

  • ・精神的なサポートと自己ケア
    家族や専門家からのサポートを受け、自己ケアを怠らないようにしましょう。

  • ・遺品整理が終わった実家の今後
    整理を通じて得られた教訓を生かし、新しい生活を前向きにスタートしましょう。

  • ・番外編-空き家になると起こり得るリスク
    そのままにしておくのは危険なので、なるべく早めに今後についてを決めておきましょう。

遺品整理は、故人への最後の尊敬と愛情を示す行為です。

このコラムの内容が、故人との思い出を大切にしながら、遺品整理を進める上での心強いサポートとなり、新たな未来への一歩を踏み出す勇気を与えてくれることを願っています。


大阪・関西で遺品整理業者をお探しの方はクリーンメイトへお任せください!

クリーンメイトは2,000件以上の実績を誇りながらも、やり直し・クレーム等は現在まで一度もありません。

作業にあたるスタッフは、経験豊富で正しい知識を持つスタッフばかり。

大阪・関西エリア一円で遺品整理、特殊清掃、生前整理およびリサイクル品回収・買取、ゴミ屋敷片付け、法人向けサービスなども行っています。

また、関東・東海エリアやその他エリアにも対応可能です。


生前整理・遺品整理から特殊清掃まで、幅広いサービスとアフターケアを提供しておりますので安心して作業をご依頼していただくことができます。

私たちクリーンメイトでは、長年の経験から遺品整理に関する知識を持ち、遺品整理士協会から認定をいただいている企業ですので、お悩みの方は一度ご相談ください。


24時間年中無休対応(相談・お見積り無料)となっております。

お電話以外にも、問い合わせフォーム(メール)やLINEからも可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。


また、私たちクリーンメイトでは、必要に応じてその分野の専門である弁護士・司法書士・行政書士等の紹介もさせて頂いております。

空き家管理の方法についても熟知しておりますので、お悩みの方は弊社までぜひご連絡ください。


電話からお問合せ
メールからお問合せ
LINEからお問合せ

タグ検索

いつ うつ タイミング トラブル ドラマ マンション 一軒家 保険 処分方法 契約書 始める 孤独死 実家 支払い 料金 業者 注意点 生前整理 相場 相続 相続放棄 自分で 見積り 買取 費用 遺品整理

最近の投稿