クリーンメイトでは持続可能な開発目標(SDGs)
に積極的に取り組んでいます

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

1.貧困をなくそう

GOAL 1.a

あらゆる次元での貧困を終わらせるための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ 予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さま ざまな供給源からの相当量の資源の動員を確保する。

後発開発途上国をはじめとする開発途上国では物資の供給や学業など様々な弊害があり貧困がなくならない

クリーンメイトでは支援活動をおこなっています。

具体的な活動
これまでもクリーンメイトでは、国内の生活困窮者へ家具の提供・生活用品、家電の提供で支援の手を差し伸べて参りました。そして国内では廃棄となる家具・家財は海外輸出を通じ世界中の皆様に提供して参りました。そのスキームを活かし後発開発途上国をはじめとする開発途上国への生活用品の供給や学業に活かせる文房具の提供などをおこなってまいります。

6.安全な水とトイレを世界中に

GOAL 6.3

2030年までに、汚染の減少、有害な化学物質や物質の投棄削減と最小限の排出、未処理の下水の割合半減、およびリサイクルと安全な再利用を世界全体で大幅に増加させることにより、水質を改善する。

クリーンメイトでは環境保全活動をおこなっています。

具体的な活動
クリーンメイトでは、サステナブルの観点から作業で使用する薬剤をケミカル洗剤ではなく、できるだけ環境への負荷のないバイオ洗剤・バイオ薬剤を使用していきます。

11.住み続けられるまちづくり

GOAL 11.6

2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。

クリーンメイトでは環境保全活動をおこなっています。

具体的な活動
従来の施工方法では、オゾンで酸化分解した残留オゾンを大気中に放出しているのが一般的でした。クリーンメイトでは残留オゾンガスを大気放出するのではなく、オゾン回収装置を使用し分解、その後正常な空気として大気放出し環境への与えるダメージを低リスクにします。

12.つくる責任つかう責任

GOAL 12.4

2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。

クリーンメイトでは活動をおこなっています。

具体的な活動
分別をおこなう整理会社として環境へ負荷を与えるプラスチック製品・発泡スチロールその他不燃物をしっかりと区別・分別し環境保全のためリサイクルを行います。また市区町村での定められてた排出方法でお家から出るものは家庭系一般廃棄物収集運搬業者・事業に伴って排出するごみは事業系一般廃棄物収集運搬業者と強固に連携しヒトの健康や環境への悪影響を最小限にとどめます。

14.海の豊かさを守ろう

GOAL 14.1

2025年までに、海洋堆積物や富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。

我々人類は誕生からこれまで海と共存してきました。
しかし、近年の環境汚染により海のバランスが崩れ、地球温暖による西南極氷床が崩壊し海面上昇が危惧されています。

クリーンメイトでは環境保全活動をおこなっています。

具体的な活動
クリーンメイトでは、海洋放出しても影響のない自然界に存在する微生物、善玉菌のチカラを活かしたバイオ製品で環境負荷低減と改善をおこないます。
微生物の力を活かした洗浄剤、植物由来の成分解性、界面活性剤と有益菌の力で持続可能な社会をつくります。