2023年11月6日(月曜日)

マンションで行う遺品整理はできるだけ料金を抑えて進めよう!遺品整理(マンション)の費用相場・省コストガイド




マンションのような限られた空間では、どのように整理を進めるかが大きな課題になります。

そして、遺品整理を考えたとき、多くの方が直面するのが「費用(相場)」の問題。

お金をかければかけるほど良いサービスが受けられるとは限りません。

限られた予算の中で最良のサービスを受けるたには、費用・相場なども含めて遺品整理に関する知識が必要になってきます。


本記事では、遺品整理のプロおすすめするコスト削減のコツと、マンションでの遺品整理特有のポイントをご紹介します。

費用を心配することなく、故人の想いを大切にしながら、スムーズで心温まる遺品整理を目指しましょう。

遺品整理の第一歩 ~マンション特有の注意点~


遺品整理の第一歩  ~マンション特有の注意点~


遺品整理と一口に言っても、一戸建てとマンションでは異なる注意点があります

特にマンションでは、共同住宅特有のルールやマナーが関わってくるため、事前に確認し、準備を進める必要があります。



  ・管理組合や管理会社への通知  



遺品整理作業を始める前に最も大切なのが、マンションの管理組合や管理会社に対する通知です。

作業によっては共用部分を利用することもあるため、あらかじめ理解と許可を得ておくことが重要です。

マンションの管理会社によっては、エントランスやエレベーター内の共用部分などに住民へ向けた案内を施してくれますよ。


この時、作業日程や時間帯、騒音が発生する可能性についても伝え、他の住人への配慮を忘れないようにしましょう。



  ・エレベーターや廊下の利用ルール  



マンション内での大量の遺品搬出時には、エレベーターや廊下を使用します。

ここで注意すべきは、他の住人の迷惑にならないよう、作業の進行をスムーズに行うことです

可能であれば、エレベーターの一時的な専用使用を管理会社に依頼するのも一つの方法ですね。


また、廊下やエレベーターを汚さないように、養生を施すなどの配慮も必要です。


  ・騒音と作業時間の管理  



遺品整理作業は意外と音が出るものです。

壁や床の薄いマンションでは、騒音が隣近所に迷惑をかけることになり、トラブル原因
にもなり得ます。

そのため、ドリルを使うなどの大きな音を伴う作業は、日中の時間帯に限定し、できるだけ短時間で済むよう効率的な計画を立てましょう。


遺品整理はただ物を片付けるだけではなく、故人との思い出を整理し、次のステップへと進むための大切なプロセスです。

私たちは、その繊細な作業をサポートするプロフェッショナルとして、マンションでの遺品整理が円滑に進むよう、最大限配慮したサービスを提供させて頂いております。

ご家族が直面する困難な状況に対し、私たちはただの業者ではなく、サポーターとしてご遺族に寄り添いたいと思っています。



次の項目では、遺品整理業者を選ぶ際のポイントについて、さらに詳しくご案内していきますので、遺品整理の計画を立てる際の一助としていただければ幸いです。



遺品整理業者の選び方: 信頼できるサービスを見分けるポイント


遺品整理業者の選び方: 信頼できるサービスを見分けるポイント


遺品整理は故人への最後の奉仕であり、心を込めて行いたい作業です。

そのため、信頼できる遺品整理業者を選ぶことは非常に重要となります。

どのように良質なサービスを提供する業者を見分けるか、以下のポイントにご注意ください。



  ~明瞭な料金体系~ 



良心的な遺品整理業者は、料金体系を明確にしています。

見積もりが無料であるか、追加料金が発生する可能性がある項目は何かを事前にしっかりと確認しましょう。

料金体系が不透明な業者は、後から追加料金を請求されるリスクがあります


  ~豊富な経験と実績~ 



経験豊富な業者は、遺品整理に関する様々なシチュエーションに適切に対応することができます。

実績があり、口コミや評判が良い業者は、信頼に値する可能性大!


特にマンションのような共同住宅での整理経験は、スムーズな作業進行もためには欠かせません


  ~整理後の清掃サービス~ 



遺品整理後に部屋をきれいにする清掃サービスを提供しているかもポイントです。

故人の住まいを次の住人のため、または売却のために綺麗に保つことは、故人への敬意を表す行為でもあり、大切な作業の一つです。

クリーンメイトでは、清掃作業は無料サービスとなっておりますが、業者によっては有料となる場合もありますので、事前にチェックしておくことがおすすめです。


  ~アフターサービスの有無~ 



整理が完了した後も、何かと手続きが必要な場合があります。

そのため、アフターサービスを提供している業者を選ぶと安心です。

たとえば、不用品の処分方法や、相続に関する手続きのアドバイスなどが含まれます。


クリーンメイトでは、諸々の手続きのアドバイス(建物の売却、解体・車やバイクの売却、廃車等、相続関係等)は無料サービスとなっております。

また、手続きに必要な士業様のご紹介まで一貫してアフターサービスを受けられますが、業者によっては有料となる場合もありますので、事前にチェックしておくことがおすすめですよ。


  ~コミュニケーション能力~ 



遺品整理は、故人や遺族の感情に寄り添う繊細さが求められます。

業者のスタッフが丁寧にコミュニケーションを取り、遺族の意向を尊重する姿勢は非常に大切です。


遺品整理業者を選ぶ際は、これらのポイントをしっかりと確認することが、故人の想い出に寄り添った適切なサービスを受けるための鍵となります。

料金だけでなく、サービスの質や業者の姿勢を見極めることによって、納得のいく遺品整理に繋がります。


遺品整理業者の見分け方については、下記の記事を参考になさってくださいね。

関連記事
遺品整理のトラブルを防ぐ!|よく起こりがちなトラブル実例とその対策・信頼できる遺品整理業者の選び方解説

・やばい遺品整理業者に要注意!悪質な手法を使うやばい業者の特徴と遺品整理での被害事例を紹介



次の項目では、マンション遺品整理における費用の節約方法について、詳細をお伝えしていきます。



コストを抑えるコツ: マンション遺品整理費用の節約方法


コストを抑えるコツ: マンション遺品整理費用の節約方法

マンションでの遺品整理は、計画的に進めることで、予算内で行える場合が多くあります。

費用を節約するためのコツを知ることで、遺品整理がより身近なものとなるでしょう。


  必要なサービスの選択  



遺品整理業者の多くは、必要に応じて選べる様々なプランを提供しています。

フルサービスのプランだとコストがかかりますが、実際には部分的なサービスで十分な場合もあります。

例えば、大型の家具や家電のみ業者に依頼し、小物は自分たちで整理するなど、作業の範囲を調整しましょう。


  不用品の買取活用  



多くの遺品整理業者は不用品の買取を行っており、それによって得られる収入で整理費用を相殺できることがあります。

特にマンションでは、希少価値のある家具や美術品などが見つかることもしばしば。

事前に業者に買取の可否を確認し、価値のあるものを見極めてもらいましょう。


  オフシーズンを狙う  



遺品整理業者は、特定のシーズン(特に6月~9月)に忙しくなる傾向があります。

繁忙期を避け、オフシーズンに作業を依頼することで、料金が抑えられることもあるため、スケジュールの調整も検討してみましょう。


  見積もりを比較する  



複数の業者から見積もりを取り、比較検討することは基本中の基本です。

ただし、安さだけでなく、提供されるサービスの質や内容も考慮に入れる必要があります。

過剰なサービスを省くことで、適正価格で必要十分なサービスを受けられるでしょう。


  自分でできる作業は自分で  



遺品の一部を自分で整理することは感情的な作業でもありますが、コスト削減にもつながります。

身近な人と共に整理を行うことで、故人との思い出を共有しながら作業を進めることができます。


  地域のリサイクル資源を活用  



自治体や地域団体が提供するリサイクル資源を活用することも費用を抑える手段の一つです。

粗大ごみの回収サービスやリサイクルショップの利用を検討しましょう。


  グループ割引やリピーター割引  



遺品整理業者によっては、グループ割引やリピーター割引を提供している場合があります。

そういったサービスを利用することで、割引のメリットを享受できるかもしれません。


マンションの遺品整理は、計画的にアプローチすることで、コストを抑えることが可能です。

上記のコツを参考にしながら、故人の想いを大切にしつつ、経済的な負担を減らしていくことを心がけましょう。


遺品整理にかかる費用や相場については、下記の記事で詳しくご紹介しています。

関連記事
遺品整理の費用・相場を知ろう!業者の料金相場と遺品整理にかかる費用を抑えるポイント紹介

遺品整理の費用っていくらかかった?遺品整理の費用についてのみんなの疑問をまとめて解説



次の項目では、遺品整理時の作業範囲についてご紹介します。



必要な遺品整理のサービス: マンション住まいの作業範囲の考察


必要な遺品整理のサービス: マンション住まいの作業範囲の考察

マンションでの遺品整理を考えた時、どのようなサービスが必要になるのでしょうか。

ここでは、一般的なマンション住まいにおける遺品整理の作業範囲を紐解き、整理の際に考慮すべきサービスについて解説します。


  1.仕分けと選別 



遺品整理の基本となるのが、遺品の仕分けと選別です。

衣類、書籍、家電、家具、貴重品などカテゴリーごとに分け、保存するもの・寄付するもの・処分するものを決定します

この作業は非常に時間がかかるため、遺品整理業者の経験と専門的な知識が役立ちます。


  2.搬出作業 



マンションの特性上、搬出作業は一般の住宅と比べて困難を伴います。

エレベーターのサイズや使用時間の制限、共用部分での養生など、細心の注意が必要です。

搬出作業専門のプロが、スムーズで安全な搬出を実現します。


また私どもの作業の経験上、分譲マンションなどは管理組合があります。

作業をする前に管理組合へ事前に通達することによりスムーズに作業をおこなえます。

県営・府営・市営・URなどの場合は、住宅管理センターや棟ごとに町会がありますので、事前に通達することがおすすめです。


  3.清掃と消臭 



マンションの遺品整理後の部屋は、清掃が必須です。

場合によっては専門的な消臭処理が必要になることもあります。

遺品整理業者はこれらのサービスを提供しており、次の入居者もしくは売却に向けた部屋の清潔さを保証します。


  4.特殊清掃 



故人が長期間お住まいであった場合や、ペットと共に暮らされていた場合など、特殊清掃が必要なシーンもあります。

これには、専門的な知識と技術が必要であり、遺品整理業者とは別の特殊清掃業者によるプロフェッショナルな対応が求められます。

依頼する際には、どちらも併せて作業をおこなえる業者がおすすめです。


  5.リフォームの提案 



遺品整理を機に、部屋のリフォームを検討する場合もあります。

遺品整理業者の中にはリフォームに関する相談にも乗り、提携している業者を紹介するサービスを提供しているところもあります。


  6.精神的サポート 



故人の遺品を整理することは、ご遺族にとって精神的な負担が大きいものです。

遺品整理業者が親身に寄り添い、心のケアを含めたサービスを提供することも大切な役割の一つです。


マンションにおける遺品整理は、限られたスペースと共用部分の管理ルールに配慮する必要があります。

専門の遺品整理業者に作業を依頼することで、円滑かつ適切に整理を進めることが可能です。

遺品整理を通じて、故人の記憶を大切にしながら新たなスタートを切るお手伝いをすることが、私たちの願いです。


次の項目では、遺品整理における法的な手続きの内容や、マンションの場合にある特例について詳しくご案内いたします。



遺品整理における法的手続き:マンションの場合の特例とは?


遺品整理における法的手続き:マンションの場合の特例とは?

故人が遺されたマンションでの遺品整理は、感情的な側面と同時に、いくつかの法的手続きを伴います。

この手続きは、時として複雑であり、適切な知識が必要です。

特にマンションのような共同住宅では、独特の規則や手続きが求められる場合があります。


ここでは、マンションにおける遺品整理時の法的手続きのポイントについてご案内します。


  ○遺産の名義変更 



マンションの不動産に関しては、遺産の名義変更が必要になります。

この工程には、相続人全員の合意が必要であり、遺言書の有無によっても手続きが変わってきます。

相続人が故人のマンションに引き続き居住する場合や、売却・賃貸を検討する場合でも、法的な手続きを適切に行う必要があります。


  ○相続税の申告 



遺産の総額に応じて、相続税が課税される可能性があります。

マンションなどの不動産を含む場合、その評価額によって相続税の金額が大きく変わることがあります

相続税の申告は、故人の死亡から10か月以内に行う必要があり、適切な申告をするためには専門家のアドバイスが重要となります。


  ○遺品の分配協議 



故人が残した遺品については、相続人間で分配を協議することが大切です。

この協議には感情的な問題も絡み合うため、公平な立場から話し合いを進めることが求められます。

マンションの場合、管理組合との関係性も考慮する必要があります。


  ○マンション管理組合との協議 



マンションの場合、故人が属していた管理組合に遺品整理の予定と内容を伝えることがマナーとされています。

特に、搬出作業などで共用部分を利用する際には、組合の規約に基づいた手続きを踏まなければなりません。

場合によっては、管理組合の許可が必要になることもあります。


  ○契約の解除と更新 



故人名義の公共料金やサービス契約は、遺品整理と並行して解約する必要があります。

また、故人がマンションを賃貸していた場合には、契約の解除や更新に関する手続きも必要です。

これには、故人の遺志を尊重しつつ、法的な観点から適切な対応を考える必要があります。


これらの法的手続きは、故人を悼む心と同時に冷静な判断が求められる作業です。

遺品整理業者としては、ご遺族が迅速かつ適切にこれらの手続きを進められるようサポートすることが大切です。


遺品整理は、故人への最後のサービスであるとともに、生きている私たちにとっての大切な学びの場でもあります。

この機会に、法的手続きの重要性について考え、心の準備をしていきましょう。


次の項目では、マンションの遺品整理について皆さんから多く寄せられる質問をご紹介します。


マンションの遺品整理でよくあるQ&A:業者が答えます


マンションの遺品整理でよくあるQ&A:業者が答えます

遺品整理は、多くの疑問や不安を抱える作業です。

特にマンションでの遺品整理には、独特の疑問点が存在します。


ここでは、実際に遺品整理業者に寄せられるよくある質問とその回答をQ&A形式でご紹介します。


Q-1

マンションの遺品整理で、まず最初にするべきことは何ですか?

最初にするべきは、遺品整理業者への連絡と、マンション管理組合や大家さんへの報告です。

次に、遺品の仕分けに必要な物資(ダンボール、マーカー、手袋など)を揃え、作業の計画を立てることをおすすめします。

また、重要な書類や貴重品の確認も早めに行いましょう。

Q-2

故人のプライバシーに配慮しつつ、整理するにはどうしたらいいですか?

プライバシーの保護は、遺品整理において非常に重要ですよね。

特に業者を選ぶ際には、どのように個人情報を取り扱っているのかを確認してみてください。

適切に処置を行っている、信頼できる業者を選ぶことが肝心です。

また、個人の記録や思い出が詰まった品々に対しては、家族だけで静かに取り扱う時間を設けることも大切ですね。

Q-3

マンションの遺品整理において、隣人にはどのように伝えるべきですか?

隣人への配慮もマンションでの遺品整理では重要です。

事前に隣人に挨拶をして、整理作業の日時や範囲、騒音が予想される場合のお知らせを行いましょう。

これはトラブルを避けるためにも、良好な関係を保つためにも必要なステップです。

しかし、会ったことがない隣人にいきなり挨拶するのはちょっと……。

という方は、マンションの管理組合や管理会社にも、一度相談してみましょう。

マンションの住民へ向けて、全体的なお知らせを案内してくれることもありますよ。

Q-4

遺品整理中、不用品はどのように処分すればいいですか?

不用品の処分方法は、自治体の規則によって異なります。

大型の家具や家電については、事前に収集日を確認し、必要な手続きを行ってください。

また、遺品整理業者を利用する際には、不用品の処分サービスが含まれているかを事前に確認して、その上で契約するのがおすすめですよ。

Q-5

故人がマンションを賃貸していた場合、どのように対応すればいいですか?

賃貸マンションの場合、大家さんや管理会社との契約内容を確認し、必要な場合は解約手続きを行います。

故人が借りていた期間の家賃、敷金の精算、また次の入居者のための部屋の状態を整える必要があります。

この際、故人の遺志を尊重しつつ、契約の内容に則って進めましょう。

遺品整理は故人との最後の対話のようなものです。

ご家族だけでなく、故人が生涯を過ごしたマンションのコミュニティにとっても大切なプロセスです。


こうしたQ&Aを通して、遺品整理の不安を少しでも和らげ、作業をスムーズに進めるための参考にしていただければ幸いです。

次の項目では、整理を通じて感じられる、遺品整理の大切さについてお話しします。


精神的な負担を減らす:故人を偲びながら遺品整理を進める方法


精神的な負担を減らす:故人を偲びながら遺品整理を進める方法

遺品整理は、故人への想いと向き合いながら進める必要がある繊細な作業です。

失った悲しみの中で物理的な整理をすることは、精神的な負担が大きいもの。

しかし、故人を偲びながら整理を進めることで、心の整理にもつながり、癒やしにもなります。


以下に、遺品整理を進める際に精神的な負担を軽減する方法をご紹介します。


  故人の思い出を大切にする 



物品一つ一つには故人の生きた証が刻まれています。

特定の品を手に取りながら、家族や友人と共にその品とともに過ごした時間を思い出し、故人の生き方や価値観を語り合いましょう。

故人の好きだった音楽を流すなど、作業を進める際にはその空間に故人の存在を感じることもできます。


  整理の作業を区切りよく進める 



一度に全てを行おうとせず、遺品整理をいくつかの段階に分けて進めることが大切です。

それぞれのペースで休息を取り、自分の感情と向き合う時間を持ちましょう。

また、気持ちが辛くなってしまって作業が難しい場合は無理をせずに、プロの遺品整理業者に相談することで精神的な負担を軽減できます。


  思い出の品は特別に扱う 



全ての遺品を一緒に処分するのではなく、故人の思い出が色濃く残る品々は別途保管することも一つの方法です。

写真や手紙などは、後日じっくりと見返すことで、故人との思い出を新たな形で大切にできます。


  遺品を通じて故人に学ぶ 



故人の遺品を整理する過程で、これまで知らなかった一面を知ることができるかもしれません。

故人の好みや趣味、価値観を遺品から読み解き、その教訓を自分の生活に取り入れることで、故人への新たな敬意を表すことができます。


  故人の意志を尊重する 



可能な限り、故人が残したメモや遺言を参考に、遺品整理を進めましょう。

故人の意志が分からない場合でも、その人らしさを尊重する選択を心がけることが大切です。


遺品整理は故人への最後のサービスであり、その人の人生を祝福する行為でもあります。

整理を通して、故人を偲び、学び、そして新たな一歩を踏み出す準備をする。

そうすることで、遺品整理は単なる物の整理ではなく、故人との絆を再確認し、生きている私たち自身の心を癒やし、未来へとつながる大切なプロセスになります。


次の項目では、私たちクリーンメイトがおこなっているマンションの遺品整理での作業フローと、その際に心掛けていることについてご紹介していきます。


実際の遺品整理事例:マンションでの作業フローと心掛けていること


実際の遺品整理事例:マンションでの作業フローと心掛けていること

遺品整理はただ単に故人の物を片付ける作業ではありません。

それは故人の生きた痕跡と記憶を丁寧に処理し、次のステップへと移るための大事な過程です。

マンションでの遺品整理では、限られたスペースの中で効率よく作業を進めながら、故人への敬意を保持する心がけが必要です。


以下に実際の遺品整理事例を基にした作業フローと、その際に心掛けているポイントを紹介します。


  作業フローの確立  



まず、マンションの遺品整理において重要なのは、計画的に作業を進めることです。

クリーンメイトでは、以下のステップで整理を行っております。

1.初期の打ち合わせ



遺族と相談し、故人の意向や遺族の要望を確認します。

2.価値ある物の査定



貴金属や美術品など、価値のある物は専門家に査定を依頼します。

3.品物の仕分け



故人の遺品を「保管する」「寄付する」「処分する」のカテゴリーに分けます。


4.クリーニングと消臭



故人の部屋を清潔にし、快適な環境を作り出します。

5.処分とリサイクル



不要な物は適切に処分し、可能な限りリサイクルします。

6.遺品の配送と保管



遺族が保管を希望する品は丁寧に梱包し、指定の場所へ輸送または配送します。

  心がけたいポイント  



故人への敬意を忘れずに


作業を進める中で、常に故人への敬意を忘れないよう心掛けています。

一つ一つの品に対し、故人の思い出や価値を尊重する態度が大切です。



遺族の心情を配慮する


遺品整理は遺族にとっても精神的な負担が大きい作業です。

遺族の感情を尊重し、できる限りサポートさせていただいております。



プライバシーの保護


故人の個人情報に関わる品は慎重に取り扱い、適切に処理することでプライバシーを守ります。

クリーンメイトでは、溶解処理をして外部への情報漏洩を未然に防ぐことを徹底して努めております。



環境への配慮


処分する際には環境への影響を考慮し、適切なリサイクルや廃棄を心がけます。



  実際の事例紹介  




一例として、マンションで一人暮らしをされていた故人の遺品整理を行ったケースをご紹介します。

上記のフローに従いつつ、遺族様が離れた場所にお住まいのため、事前の打ち合わせをビデオ通話で行いました。

遺品整理作業の様子を写真や動画で共有したり、進捗状況を定期的に連絡することで信頼関係を築くことができます。

また、事前にお伺いしていた、特に大切にしていた服等は後日ご依頼者様に送り、残りの品は寄付とリサイクルを積極的に行いました。

結果、作業後にはご依頼者様から私たちへ、感謝のお言葉をたくさん頂戴いたしました。


この事例を通じて、遺品整理がただの「片付け」でなく、故人を偲び、遺族の新たなスタートをサポートする大切な作業であることを感じていただければ幸いです。


弊社、クリーンメイトの作業は実際にどんなことをしているのか、詳細を作業実績ブログでご紹介していますので、よければご覧くださいませ。

まとめ:マンションの遺品整理は費用を抑えて依頼することができる


まとめ:マンションの遺品整理は費用を抑えて依頼することができる

遺品整理は、故人への最後のサービスであり、遺族にとっては新しい生活への第一歩です。

本記事では、遺品整理のさまざまな側面について掘り下げ、マンション特有の課題への取り組み方をお伝えしました。

主なポイントの振り返り

  • コスト削減:計画的に進めることで不必要な出費を避ける。
  • サービスの選択:状況に合わせた適切なサービスを利用する。
  • 法的手続き:マンションならではのルールを理解し適用する。
  • Q&A:業者の経験に基づく質問への明確な回答。
  • 精神的なケア:遺品整理を通じて故人を偲び、心の整理を促す。
  • 事例紹介:実際の作業フローと心がけたいポイントを共有。


遺品整理は、ただの物の整理では終わりません。

故人の生きた証を丁寧に扱い、遺族の新しい生活への移行をサポートするための大切な過程です。

私たち遺品整理業者は、そのお手伝いをすることで、故人と遺族の双方にとって価値のある時間を提供できるよう心掛けております。

この記事が、遺品整理をこれから行う方々の不安を少しでも和らげ、作業を進める際の参考になれば幸いです。

大阪・関西で業者をお探しの方はクリーンメイトへお任せください!

クリーンメイトは2,000件以上の実績を誇りながらも、やり直し・クレーム等は現在まで一度もありません。

作業にあたるスタッフは、経験豊富で正しい知識を持つスタッフばかり。

関西エリア一円で遺品整理、特殊清掃、生前整理およびリサイクル品回収・買取、ゴミ屋敷片付け、法人向けサービスなども行っています。

また、関東・東海エリアやその他エリアにも対応可能です。


生前整理・遺品整理から特殊清掃まで、幅広いサービスとアフターケアを提供しておりますので安心して作業をご依頼していただくことができます。

私たちクリーンメイトでは、長年の経験から遺品整理に関する知識を持ち、遺品整理士協会から認定をいただいている企業です。

マンション・一軒家・事業施設など、
お悩みの方は一度ご相談ください。


24時間年中無休対応(相談・お見積り無料)となっております。

お電話以外にも、問い合わせフォーム(メール)やLINEからも可能ですので、お気軽にお問合せくださいませ。


電話からお問合せ
メールからお問合せ
LINEからお問合せ

タグ検索


いつ うつ ウジ虫 タイミング トラブル ドラマ ハウスクリーニング マンション リサイクル 一軒家 保険 処分方法 契約書 始める 孤独死 実家 家財整理 引っ越し 支払い 料金 業者 注意点 生前整理 相場 相続 相続放棄 自分で 見積り 買取 費用 遺品整理

最近の投稿