2023年12月25日(月曜日)

遺品整理に適応される保険はある?遺品整理の費用でお困りの遺族様・オーナー・家主さん必見!保険適応に関する情報をご紹介

遺品整理に適応される保険はある?遺品整理の費用でお困りの遺族様・オーナー・家主さん必見!保険適応に関する情報をご紹介


みなさんは、遺品整理と保険の関係性についてご存じでしょうか?

保険の種類はたくさんあるけど、遺品整理に特化した保険は存在するのか。

もし、そんな保険があるならば、使わなければ損する可能性もでてきますよね。


本記事では、いざという時のために知っておきたい、遺品整理に適応される保険の有無や種類などをご紹介していきます。

また、遺族・賃貸物件のオーナー・家主さんは特に必見の内容となっていますので、是非ともご一読くださいませ。

遺品整理に保険が適応される場合がある?!


遺品整理に保険が適応される場合がある?!


結論から申し上げますと、遺品整理で適応される保険はあります

ただ、「遺品整理のための保険」というように明記されていない場合がほとんどなので、保険が適応されることを知らない方が多いのです。


しかし、ほとんどが特殊清掃の保険に付随するものが多いので、数は少ないと思っていてください

また、故人がどの保険に入っていたのかや、状況によっては保険が適応されない場合もありますので、確認は必ず必要となります。


故人が亡くなったら、葬儀や遺品整理など何かと費用が必要になってくるもの。

もし、故人が遺品整理に適応される保険に入っていた場合、使える保険があるならば使っておきましょう。


いざという時に保険を利用するために、遺品整理に適応される保険の種類を次の項目でご紹介していきます。

遺族の方や、物件のオーナーさんもぜひ参考になさってくださいね。


遺品整理費用に保険が適応されるケース


遺品整理費用に保険が適応されるケース

遺品整理の費用が保険適応となる主なケースは、以下のような保険の種類です。

火災保険
孤独死保険
少額短期保険
生命保険
その他遺品整理に関する保険・特約に加入していた場合

では、それぞれについて順番にご説明していきます。


火災保険



火災保険の補償内容によっては、遺品整理に保険金が支払われるケースがあります。

火災保険の適用となるのは、孤独死が起こった場合など特殊清掃・現状回復が必要なお部屋に多いです。

特殊清掃などの作業は特に費用がかかるため、保険金をその費用に補填できるのは非常に助かるでしょう。


具体的には、火災保険の「汚損・破損」特約や「盗難・不正使用」特約に該当する場合、遺品整理にかかる費用が保険金で補償される可能性があります


孤独死保険



こちらは孤独死に特化した保険の種類です。

この保険は、死後長時間にわたり発見が遅れたことにより、遺体の腐敗による汚損や損害がある場合に適用されるもの。


具体的には、下記のような補償が受けられます。

孤独死が起こったことによる損失した家賃収入
特殊清掃(原状回復)費用
残置物撤去(遺品整理)に伴う費用


近年、ご高齢の方の一人暮らしが増え、それに伴い孤独死が起きるケースが増加しています。


本来故人の死後に必要な費用は遺族や相続人保証人が負担するものです。

しかし、保証人が取り合ってくれなかったりすでに亡くなっている、といったケースも少なくありません。

そういった場合にも、この孤独死保険は大いに活用できるでしょう。


入居者型孤独死保険と家主型孤独死保険



孤独死保険には、入居者型と家主型という2つのパターンがあります。

2つの違いは名前の通り、保険加入者が入居者であるのか家主であるかの違いがあるのですが、内容も少し変わってきます。


どちらも、孤独死が起こった場合の遺品整理や特殊清掃費用を保証してくれるもの。

しかし、家主型の方は家賃損失による補償も含まれている、という点が違います



遺品整理・特殊清掃の費用に加えて、原状回復(リフォーム)に掛かる費用面を考えると、金額的に負担が多くなってしまいます。

そのことから、近年オーナーや家主側が孤独死保険に加入するケースが増えてきています。


少額短期保険



少額短期保険は、火災保険や生命保険などの一般的な保険に比べても保険料が安く、手続きが簡単な保険です。

遺品整理費用を補償する保険商品も多数販売されており、比較的簡単に加入することができます。

月々に掛かる費用は数百円~数千円ほどの少ない掛け金で、短期間の間加入する保険。

もし故人が加入していたならば、いざという時に少しでも費用の助けになります。



少額短期保険は主に入居時(賃貸契約時)に加入するため、故人がこの保険に入っているのかどうかは大家さんに聞くとすぐにわかるでしょう。


生命保険



生命保険の補償内容に遺品整理の費用は含まれていませんが、故人が亡くなった後に下りる保険金を遺品整理の費用に回すというのも一つの手段です。

ただし、生命保険の死亡保険金は故人の遺族や相続人が受け取るものであり、保険金を遺品整理業者に直接支払うことはできません。


遺品整理の他にも、葬式の費用や解体・リフォーム費など、故人に関する費用として使われるケースもあります。


その他遺品整理に関する保険・特約に加入していた場合



月々数百円程度の掛け金で、30万~50万ほどの保険金が下りる場合があります

遺品整理に掛かる費用はお部屋の間取りや広さ、家財量によって変動しますが、ほとんどこの保険金で賄えるでしょう。


特約を付けることで遺品整理に対応している保険であれば、商品としている保険会社も増えてきているようです。

故人が保険や特約に加入しているかどうか、または適応されるかどうかは故人が加入していた保険会社に問い合わせるか、遺品整理業者に相談することをおすすめいたします。


遺品整理費用に適応される保険に必要な書類一覧


遺品整理費用に適応される保険に必要な書類一覧

遺品整理の保険請求に必要な書類は保険会社によって異なりますが、一般的に必要な書類は下記の通りです。

・火災保険の保険証券、または保険金請求書
・故人の死亡診断書
・遺品整理業者の見積もり書
・遺品整理業者の作業報告書
・遺品整理の費用明細書
・遺族(保険金受取人)の戸籍謄本
・遺族(保険金受取人)の印鑑証明書

また、保険会社によっては、以下の書類も必要となる場合があります。

  • ・遺品整理の契約書
  • ・遺品整理の作業写真
  • ・遺品整理の作業動画
  • ・遺品整理の作業日誌
  • ・遺品整理の作業員名簿



保険の適応には細かな規定がある場合もありますので、まずは保険会社に問い合わせて補償内容を確認してみるか、遺品整理業者へ相談してみてください。

必要な書類などを揃えてから、遺品整理を始めるようにしましょう


遺品整理のための保険には入っておくべき?


遺品整理のための保険には入っておくべき?

遺品整理に掛かる費用は、基本的には故人の遺産から使われることがほとんどですので、必ず入っておくべきとは言えません。


しかし、下記のような場合には、遺品整理が適応される保険への加入をおすすめいたします。


・一人暮らしをしていて孤独死が起こる可能性がある

・遺族へ渡る遺産(貯金)がほとんどない

・遺族へ掛かる負担をなるべく減らしたい



ただし、保険のほとんどは遺品整理だけに特化したものではなく、火災保険や死亡保険にプラスして加入するものだと思っていてください

主契約の保険をメインとして考えて、遺品整理は特約の加入となることがほとんどです。


一人暮らしの場合は特に、孤独死が発生するリスクが高くなるため、孤独死保険の加入をおすすめいたします。

遺品整理だけではなく特殊清掃の費用も必要となる可能性が高いので、遺族の負担を減らすためにも、早めに対策をしておきましょう。


まとめ:まずは適応される保険に加入しているかを確認してみよう!


まとめ:まずは適応される保険に加入しているかを確認してみよう!

本記事では、遺品整理に適応される保険の種類や内容について解説しました。

遺品整理に適応される保険は存在する
保険の種類を紹介
保険適応に必要な書類一覧
遺品整理が適応される保険は、場合によっては加入しておいた方が良い


遺品整理の費用が、保険適応されることを知らなかった方も多いのではないでしょうか?

故人が生前にどんな保険に加入していたか、またはどんな条件があったのかによっては適応されるかどうかが変わるので、補償内容の確認は必ず行いましょう。


もし、故人の入っていた保険が分からなかったり、適応されるのか分からないという方は、保険会社か遺品整理業者へ一度相談してみてくださいね


遺品整理でお悩みの方はクリーンメイトへ一度ご相談ください!


大阪・関西で業者をお探しの方はクリーンメイトへお任せください!

クリーンメイトは2,000件以上の実績を誇りながらも、やり直し・クレーム等は現在まで一度もありません。

作業にあたるスタッフは、経験豊富で正しい知識を持つスタッフばかり。

大阪・関西エリア一円で遺品整理、特殊清掃、生前整理およびリサイクル品回収・買取、ゴミ屋敷片付け、法人向けサービスなども行っています。

また、関東・東海エリアやその他エリアにも対応可能です。


生前整理・遺品整理から特殊清掃まで、幅広いサービスとアフターケアを提供しておりますので安心して作業をご依頼していただくことができます。

私たちクリーンメイトでは、長年の経験から遺品整理の保険に関する知識もございますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

24時間年中無休対応(相談・お見積り無料)となっておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

電話からお問合せ
メールからお問合せ
LINEからお問合せ

タグ検索

いつ うつ タイミング トラブル ドラマ マンション 一軒家 保険 処分方法 契約書 始める 孤独死 実家 支払い 料金 業者 注意点 生前整理 相場 相続 相続放棄 自分で 見積り 買取 費用 遺品整理

最近の投稿